世界のリーディングホテル

JW Marriott Hong Kong

JW Marriott Hong Kong

JW マリオット香港

JW マリオット香港
JWマリオット香港の正面ファサード。
1989年に開業した全602室ホテルで、35階部分までがJWマリオットだ。
パシフィックプレイスの3ホテルの中で、一番アメリカ的でコストパフォーマンスが高い。

JW マリオット香港
エントランスロビーの俯瞰。
正面はコンシェルジュとベルカウンターで、右側には吹き抜けのラウンジがある。

JW マリオット香港
コンシェルジュカウンターの脇の階段を少し下がると、
広大な吹き抜けのスペースが広がっていて、そこに「The Lounge」がある。

JW マリオット香港
「The Lounge」の奥に「Canton Tea Company」と大きく書かれたコーナーがある。
茶葉の入った大型のガラスボトルがプレゼンテーションされている。

JW マリオット香港
客室はどのタイプもコーナールームになるようなレイアウトで、
客室玄関からこの様な角度の付いた廊下を通ってベッドルームに向かう。

JW マリオット香港
この部屋はデラックス・ダブル/ダブルの客室で約33㎡の広さだ。
ここから2006年宿泊当時の写真が続きます。

JW マリオット香港
コーナー部分のシッティングエリアと小型のライティングデスク。
06年当時のインテリアでやや古い印象だ。因みに09年には全面改修されている。

JW マリオット香港
シティビューの客室で、窓からメインストリートの金鐘道クイーンズウェイを見下ろせる。
アドミラリティーからセントラルにかけて、香港金融街の中心が広がる。

JW マリオット香港
随分とシンプルに感じるバスルーム。
三角形型のスペースレイアウトで、右手にトイレ、左手にシャワーブースがある。

JW マリオット香港
7階にあるアウトドアプール。非常に気持ち良いプールで、
香港の市内と山側の両面景色を楽しめる。こちらの写真は高層ビル群のシティーサイド。

JW マリオット香港
こちらはビクトリアピークを眺めるマウンテンサイドだ。
この写真だけを見たら、山の中腹にあるホテルと勘違いされそうだ。

ページの上部に戻る

Search