世界のリーディングホテル

The Grand Hotel

Grand Hotel Taipei

圓山大飯店

圓山大飯店
ホテルゲートから俯瞰した台北のランドマーク的存在の圓山大飯店。
市内北部の基隆河を渡った圓山の中腹にある。

圓山大飯店
堂々とした圧倒的存在感を主張して建つ圓山大飯店。
1952年の開業で14階建て487室の陣容を誇る、
現代における中国宮殿建築の代表格でもある。

圓山大飯店
正面エントランスから俯瞰した中国装飾が美しいホテルゲート。
後方に台北市内が一望できる。

圓山大飯店
正面エントランス。左手にベル・サービスのデスクが見える。
実はこのガラス張りの扉に細工がしてあり、
「中華民国万歳」と書かれた6文字の古代文字が隠れている。

圓山大飯店
堂々とした中央ロビー。
朱塗りの太い柱が印象的だ。

圓山大飯店
中央階段の踊り場から逆方向への俯瞰。
ロビーの広さが実感できる。

圓山大飯店
正面から入って右手にあるレセプションデスク。
残念ながら個人客は年々減少して、現在は上級の団体客が主流になっている。

圓山大飯店
中2階欄干から見たホテル伝統のレストラン「松鶴庁」。
オープンキッチンのオールデイダイニングだ。

圓山大飯店
「松鶴庁」の正面案内デスク。
店内は巨大なスペースを有し、7つのエリアと個室に400人以上収容できる。

圓山大飯店
別館に行く途中に見える本館建物の背面側の部分。
客室テラス部分が、かなり広い面積を有しているのが確認できる。

圓山大飯店
フィットネスセンター「健身房」の入口。
 

圓山大飯店
客室階の廊下。
余裕を持った広さだが、この古さは早急に解決する問題と思われる。

ページの上部に戻る

Search