世界のリーディングホテル

Grand Formosa Regent Taipei

The Regent Taipei/ Grand Formosa Regent

グランド・フォルモサ・リージェント台北

グランド・フォルモサ・リージェント台北
街路樹の美しい中山北路に面して建つグランド・フォルモサ・リージェントの正面ファサード。
建物の間口は狭い様に見えるが、奥行きはかなり広い。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
台湾では「晶華酒店」の名称で、スイートを含む全538室を有する21階建ての名門ホテルだ。
リージェント・ブランドは現在「Formosa International Hotels Corp」の傘下にある。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
高級車が並ぶエントランス車寄せ。
「ザ・リージェント台北」時代と変わらぬ賑わいを見せている。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
ゆったりとしたグランドロビー全景。
左手にレセプションデスク、右手にコンシェルジュデスクのレイアウトだ。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
レセプションデスク。
ベルスタッフやレストランを除いて、ホテルスタッフ全員が女性であった。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
グランドロビーとエレベーターホールの間にあるラウンジ。
中央エレベーターホールの先は大きな吹き抜けとなりレストラン街がある。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
19階にあるTai Pan クラブラウンジに向かうエレベーターホール。
Tai Pan とは「大班」と書き、ホテルのエグゼクティブ・フロアである。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
Tai Pan クラブフロアのレセプションデスク。
マンダリン・オリエンタルでも一部のホテルでTai Pan「大班」クラブフロアがある。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
レセプションデスクの背後に広がるクラブラウンジ。
どちらかというとビジネス色が強い感じだ。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
中心部はソファセットが主体で、ラウンジの両サイドにテーブル席がある。
正面マガジンラックの右側にはコンピュータールームを設置している。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
ラウンジに付随してフードコートがあり、多彩なフード&ビバレッジを用意している。
朝食もここで用意され、専任のコックさんに麺や卵料理を作ってもらえる。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
玄関を入ってすぐのホワイエの部分。
さりげなく胡蝶蘭が出迎えてくれて昂揚感が高まる。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
ライティングデスクから見た玄関ドアとホワイエの空間。
木目の重厚感がインテリアのセンスを引き出している。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
同じくライティングデスクから俯瞰したリビングスペース。
右手に広大なベッドルームが広がる。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
リビングからベッドルーム方向。
正面の壁にビルトインされているTVは回転する事ができ、
ベッドルーム側でもOKの優れものである。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
この部屋は19階のTai Pan フロアにあるエリート・スイートという客室で、
約63㎡の広さである。 Tai Pan フロアは18-19階を占めており、
2004年に全面改装してオープンした。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
ベッドルームからリビングルーム方向。
前述のTVは回転してこちら側にも向けられる。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
優れたデザイン性の洗面カウンターであるが、残念ながらやや狭い感じだ。
丸ミラーの上にTVモニターがあり、バスタブからリモコンで操作できる。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
全面大理石が張られて豪華な雰囲気である。
バスタブは大型の深いタイプで使い勝手は良好だ。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
20階にある「Wellspring SPA」のレセプションデスク。
「沐蘭」という優雅な中国名のスパだ。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
スパ・レセプションフロアの一角にあるラウンジ。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
最上階21階にある会員制のレストラン「蘭亭、Lan Ting」。
会員制組織のフォルモサ国際クラブ、「Silks Club」の中にあるレストランである。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
ルーフトップのスイミングプール。
最上階21階の「蘭亭」の反対側を進んで行くと屋上に出られる。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
正面から見たスイミングプール。
この日はあいにくの雨模様でゲストの姿はなかった。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
3階にある上海料理の「晶華軒、Silks House」。
伝統の山水画にモダンライティングとガラスアートがコンセプトの美しいエントランスだ。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
「晶華軒」のレセプションデスク。
台北でもトップクラスの人気と格式を誇る中国料理店だ。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
2階にあるグリルと鉄板焼きレストランの中央にあるレセプションデスク。
円形デスクの背後にグリルがあり、右手に鉄板焼きレストランがある。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
左手にビーフ&シーフードのグリル「Robin’s Grill」。
右手のワイン・ディスプレイ棚の奥に鉄板焼きレストランがある。

グランド・フォルモサ・リージェント台北
こちらが鉄板焼きレストランの「Robin’s Teppanyaki」。
奥が広く、8-30名用の個室が4室用意されている。

ページの上部に戻る

Search