世界のリーディングホテル

The Ritz-Carlton New York, Battery Park

The Ritz-Carlton Battery Park

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
Ritz-Carlton New York, Battery Park前のWest Stから俯瞰した。
上層階は高級レジデンスとなっている。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
West Stに面しているリッツカールトンの正面エントランス。
手前はもうバッテリーパークの入口である。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
正面エントランス前に置いてある大型の玄関マット。
リッツカールトンの玄関マットとしてはかなり大きい。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
同一建物だが、玄関エントランスは左右2手に分かれていて住所も異なる。
左手にホテルエントランスがあり、住所は2 West Streetである。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
右手にはThe Residences at The Ritz-Carltonのエントランスがあり、
住所は10 West Streetとなっている。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
レセプションデスク前のロビーラウンジ。写真では見えないが、
手前カウンターにはレモン入りのウォーターピッチャーとコップが用意されていた。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
レセプションを抜けるとホール状の回廊が続く。
左手にコンシェルジュデスクがある。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
手前のレストラン「2 West」から俯瞰した逆方向のエントランス方面。
左手にエレベーターホールがある。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
重厚でクラシカルなエレベーターホール。
渋い木目のデザインとライティングが美しい。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
玄関ホワイエからリビング、シッティングエリア方向。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
同じくシッティングエリア方向の俯瞰。
自由の女神像を眺める望遠鏡が見える。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
キングベッドからシッティングエリア方向の俯瞰。
自由の女神を俯瞰する望遠鏡が存在感を主張している。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
手前ライティングデスクより俯瞰したキングベッドとシッティングスペース。
この部屋は「The Statue of Liberty View Room」のカテゴリー枠のコーナールームで、
通常の客室より広い変形タイプで約60㎡の広さがある。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
部屋にはリッツカールトン香港で紹介した同じ望遠鏡が用意されており、
リバティー島に俊立する女神の横顔をはっきりと望める。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
しばらくして届けられたGMからのレター、ウェルカムフルーツと赤ワイン。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
広めのホワイエから入った所のバスルーム。
左手にトイレとシャワーブースが並び、右手にバスタブがある。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
かなり広く採光があるために明るい感じのバスルーム。
変形のコーナールームなので右手にシティービューの窓がある。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
11階にあるクラブラウンジのエントランス。アメリカでよく見られるアクセスキー
で開けるタイプではなく、営業時間中は常時ドアがオープンの状態である。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
ちょうど午後のライトスナックと夕方からのカクテルタイムまでの休憩時間中で、
テーブルには何も載っていないが頼めばアルコールもスナックも用意される。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
心地よいラウンジの雰囲気だがバッテリーパーク側ではなく、ビルの谷間で景色はよくない。
また、レセプションデスクはなく、コンシェルジュ業務もなかった。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
1日4回のフード・プレゼンテーションがあり、
写真は朝食時のフードディスプレイだ。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
モダンアメリカン・ビストロを標榜するオールデイダイニングの「2 West」。
レストラン名はホテル住所から来ている。写真は入口近くのウェイティングバーで、
奥にダイニングテーブルがセッティングされている。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
最上階にあるスパ「The Ritz-Carlton Spa」のレセプションデスク。
左手を行くとトレーニングジムがある。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
自由の女神を望みながらトレーニングできるマシンがずらりと並ぶ。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
ジムの先はオープンエアのテラスになっていて、本来は自由の女神が手に取る様に
見えるのだが、残念ながら「9・11」の10周年を控えて警備上、外へ出られなかった。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
バッテリーパーク側から俯瞰したリッツカールトン。
バッテリーパークの名はNYがまだニューアムステルダムと呼ばれていた頃、オランダ
からの移住者が外敵に備える為に砦として築いた砲台(バッテリー)に由来している。

ザ・リッツカールトン、バッテリーパーク
バッテリーパークから望む夕日が美しい自由の女神像。

ページの上部に戻る

Search