世界のリーディングホテル

Edition 20/ Paris, FranceⅠ

Paris, FranceⅠ

パリ – はじめに

 第20回特集はパリ、フランスⅠとして、リッツとブリストルを中心に6軒のホテルをご紹介します。また、フランスのホテル格付けの変遷と、新たに創設された最上位ランク“パラス”「PALACE」の詳細を併せて解説します。
 
 意外かも知れないが、フランスに5ツ星ホテルというものはつい最近の2009年まで存在しなかった。最高位は4ツ星デラックスというもので、09年7月のホテル格付け刷新の法改正で初めて5ツ星ホテルが誕生した訳だ。今回はこの5ツ星を超える新たなホテル格付けの最高位パラス「PALACE」が創設され、フランス観光担当大臣から11年5月5日に発表された。最高の栄誉認定を受けた初のホテルは全フランスで8軒、パリで僅か4軒であった。ムーリス、プラザ・アテネ、ブリストル、パークハイアット・パリ・ヴァンドームである。
 他方、これまでパリには“暗黙の了解”という形で7軒のパラスが存在していた。リッツ、クリヨン、ムーリス、ジョルジュサンク、プラザ・アテネ、ブリストル、フーケッツ・バリエールの7ホテルである。政府のパラス認定の影響は大きく、とくにパラスの筆頭を自負していたリッツは、12年夏より2年3か月という異例の休業を発表した。“前例のない改装”がその理由だ。パラスの認定からリッツが漏れたことに原因すると推測するが、アルファイド氏のホテルにかける情熱は充分理解できよう。

*Ritz Paris
 世界の主要ホテルを論じる際に絶対に外せない名前と問われれば、ロンドンのサヴォイと共に筆頭格に挙げられるホテルであろう。1889年にサヴォイの総支配人として迎えられ、ヨーロッパというより世界における近代ホテル経営の規範を示したのが、セザール・リッツである。“ホテル王”と呼ばれたセザールは総料理長に現代フランス料理の基礎を築いたオーギュスト・エスコフィエを迎え、自ら創業者兼総支配人としてパリ・ヴァンドーム広場にリッツ・パリを1898年6月1日に開業した。
 1979年にリッツ一族はホテルをエジプトの実業家、モハメド・アルファイド氏に売却する。97年にアルファイド氏の息子、ドティ氏と故ダイアナ元イギリス皇太子妃がリッツのインペリアル・スイートで食事を取った後にアルマ橋の地下自動車道で運命的な事故に遭遇したことは、いまだに記憶に新しい。著名な作家、芸術家、俳優、各国王族などを顧客として取り込んでいったが、ココ・シャネルは30年以上も自宅代わりとして住み着き、ここで没している。

*Le Bristol Paris
 高級ブランドが軒を並べる華やかなフォーブル‐サントノレ通りに立地し、政府の新たなホテル格付けの最高位“パラス”をパリで最初の認定を受けた名門ホテルである。大統領官邸エリゼ宮に隣接した1925年創業の老舗で、世界中のVIP層を顧客に持ちミシュラン3ツ星レストラン“エピキュール”「Epicure」を擁するホテルとして、まさにパラスの称号にふさわしい。ホテル正面玄関にはゴールドのプレート「PALACE」が誇らしげに輝いている。
 メインダイニングは今まで、“レストラン・デテ”「夏の間」と“レストラン・ディヴェール”「冬の間」の2つがあり、季節によって移動していたため暫定的な響きの「ル・ブリストル」もしくは「ガストロノミーレストラン」の名称であった。2011年秋に「夏の間」が改装されて中庭側の定位置に落ち着き、正式名称の“エピキュール”「Epicure」として新装オープンした。シェフは1999年より80名のレストランスタッフを率いる、エリック・フレション氏である。

*Park Hyatt Paris Vendome
 前述した政府のパラス認定で一番驚いたのはこのホテルであろう。2002年8月の開業で、パリでは外資系の新参者ホテルである。しかし先行開業していたハイアットリージェンシー、パリ・マドレーヌでの高い評価と実績もあり、パークハイアットの運営能力は開業前から期待されていた。オペラ座からヴァンドーム広場に向かう華やかなラ・ぺ 通りに位置する全158室の豪華な邸宅ホテルだ。パリの名だたる高級ホテルで最も注目が集まり、モダンとクラシズムの見事に融合したデザイン性が際立つホテルともいえる。
 デザイン設計はアマンリゾートを手掛ける著名な米国人建築家、エド・タトル氏が担当したと聞けば納得するであろう。正面エントランス脇にはパリ造幣局で特別に鋳造されたゴールドの「PALACE」のプレートが埋め込まれている。

*Mandarin Oriental Paris
 2011年6月28日にフォーブル‐サントノレ通りに開業したパリで最も新しい高級ホテルである。スイートを含めて全138室のマンダリングループの粋を集めたホテルで、9月27日に盛大な開業ガラ・パーティーを開催した。コンセプトはパークハイアットとほぼ同じ方向性を持ち、顧客層もかなり似通っていると思われる。
 筆者が訪問した11月はまだ開業したばかりという事で、ドアマン、ベルスタッフ,レセプションスタッフなどの連携は完璧であった。スタッフの多くは若くグローバル感覚溢れる優秀な人材を確保していて、きびきびした動作は実に気持ち良いものであった。

 そのほか今回は、美しいヴォージュ広場の奥に佇む大人の隠れ家ホテル、“Le Pavillon de la Reine”とパークハイアットのすぐ隣に位置する寛ぎの高級ホテル、“Hotel Westminster Paris”も一緒に収録してあるので併せて参照されたい。

*「世界のリーディングホテル」は現在「週刊ホテルレストラン」で隔週刊第2・4週号にて連載中。
http://www.hoteresweb.com/columntop

Ritz Paris

リッツ パリ

リッツ パリ
オペラ座から華やかなラ・ぺ 通りを進むと目の覚めるような美しい広場に出会う。
ナポレオンの記念柱が中央にそびえる世界で最も華麗なヴァンドーム広場だ。

リッツ パリ
“グラン・サンク”「Grand Cinq」と称されるパリ5大宝飾店のショーメやブシュロン
などのトップジュエラーが軒を並べるヴァンドーム広場の一角にリッツ・パリがある。

リッツ パリ
リッツ・パリの正面ファサード。
アルドゥアン・マンサール設計のファサードが左隣のフランス司法省まで続いている。

リッツ パリ
正面エントランスにある4つのアーチ部分を飾る純白のサンバイザーが、
ひときわリッツ・パリの優雅さを引き出している。

リッツ パリ
正面エントランスと内側玄関ドアの間にホール状の空間が設けてあり、
敷かれた真紅のカーペットの間にリッツ・パリのエンブレムが輝いている。

リッツ パリ
ホテルの正面エントランスとしてはやや狭いが、
正統派の凛とした緊張感が漂う。

リッツ パリ
エントランス右手の小さな階段を上がると、
歴史と伝統を感じさせる重厚なコンシェルジュデスクがある。

リッツ パリ
コンシェルジュデスクの先、右手奥まった場所にレセプションデスクがある。
左手はキャッシャーとなり、コンシェルジュからカウンターが美しいカーブを描いて続く。

リッツ パリ
ヴァンドーム広場に面する客室側はゴージャスなスイートルームが並ぶ。
写真はリッツ・パリのプレステージ・スイートの最高峰、「Imperial Suite」である。

リッツ パリ
同じくプレステージ・スイートの「Cesar Ritz Suite」前の廊下部分。
廊下行き止まり部分が、今回アサインされた#203号室のスイートルームである。

リッツ パリ
天蓋付きの豪華なキングベッド。
窓からはヴァンドーム広場が一望できる。

リッツ パリ
リビングからベッドルーム方向の俯瞰。ヴァンドーム広場のナポレオン記念柱
を真正面に臨む最高のロケーションだ。フランス司法省に隣接した角部屋で、
リビングとの境目にある重厚なコリント式円柱が印象的である。

リッツ パリ
逆にベッドからリビング方向の俯瞰。
左手ドアから広大な玄関ホワイエ、バスルームへと続いている。

リッツ パリ
クラシカルで優雅な雰囲気が漂うリビングのソファコーナー。
壁に掛かる重厚な絵画と暖炉が、スイートのゴージャス感を醸し出している。

リッツ パリ
リビングの脇にあるフェミニンな化粧台。
可愛い2台のランプシェードが麗しい。

リッツ パリ
GMから届いたウェルカムアメニティーとレター。
GMは2010年12月、L.A. に滞在した際お世話になった、
ペニンシュラ・ビバリーヒルズのChristian A.Boyens 氏が着任していた。

リッツ パリ
部屋から眺めるヴァンドーム広場とナポレオン記念柱。
重厚な二重窓は防弾ガラスになっており、広場側からの発砲テロに備えている。

リッツ パリ
広大な面積を持つバスルーム。ヴァンドーム広場とは反対側にあり、
隣接するフランス司法省の裏庭を窓から望むことができる。

リッツ パリ
多くのタオル類やスリッパが収まったコーナー。
タオルやバスローブは淡いローズ・ピーチ色にこだわった厳選の品質だ。
この色は女性の顔色を白のタオルよりも引き立てて見せる効果があるといわれる。

リッツ パリ
バスタブの向かい側にあるパウダーコーナー。
大型ミラーの両サイドは開き、中には多くのパフュームとアメニティーが備えられている。
右側には使い勝手の良いシャワーブースも見える。

リッツ パリ
ダブルシンクのパウダーコーナーに装備されている水栓カラン
の蛇口部分は優雅な白鳥型で嘴から水が出てくる。

リッツ パリ
バスルームから俯瞰した風景。前述したようにフランス司法省との境にこの部屋があり、
右側がリッツ・パリの敷地テラス部分、左側が司法省の裏庭敷地部分だ。

リッツ パリ
バスルームから離れて独立したトイレとビデのブースがある。

リッツ パリ
玄関の回転扉を抜けると真っすぐメインダイニングまで延びる回廊がある。
左手に「Bar Vendome」のエントランスと案内板が見える。

リッツ パリ
「Bar Vendome」の店内風景。
バーの名称だがサロンの雰囲気で、ここのアフタヌーンティーは人気がある。

リッツ パリ
ロイヤルブルーのカーペットが映える“リッツ・パリの華”とも言える絢爛豪華な回廊。
正面に見えるメインダイニング「L’Espadon」まで続いている。

リッツ パリ
その美しい回廊の脇には、ゆったりした椅子が用意されている。

リッツ パリ
ミシュラン2ツ星レストラン“レスパドン”「L’Espadon」の正面エントランス。
セザールの息子シャルルは大の釣りマニアで、“メカジキ”という意味の名称を
自分のレストランに与え1956年に創業した。エントランス頭上には大きな
メカジキのレプリカが飾られている。

リッツ パリ
エントランス前で1枚写真を撮ってもらった。
当然、筆者も正装をしての食事である。

リッツ パリ
ゴージャスなレストラン内部。シェフのミシェル・ロット氏は2001年より総料理長
を務める。M.O.F の正統派フランス料理に現代的独創性を加味した彼の料理は高く評価され、
09年にミシュラン2ツ星を獲得している。

リッツ パリ
コンシェルジュデスクの前に華麗な螺旋階段があり、
その横壁面にセザール・リッツのレリーフが誇らしげにはめ込まれている。

リッツ パリ
レリーフの拡大写真。
ホテル王セザールのレリーフ、「CESAR RITZ 1850-1918」。

リッツ パリ
レリーフのある螺旋階段を上がって行き、上階から下を覗き込む。
アールヌーボーの曲線を生かした実に優雅な螺旋階段である。

リッツ パリ
「Ritz Bar」と「Bar Hemingway」に行く途中にある、
豪華な絵画が印象的なラウンジ風のスペース。

リッツ パリ
前述した玄関から延びる回廊の脇には豪華なラウンジスペースがある。
シャンデリアが眩いラウンジからホテル玄関回転扉方向への俯瞰。

リッツ パリ
同じラウンジで逆のメインダイニング方向への俯瞰。レセプションデスク前は狭く
スペースがないため、ここがロビーラウンジ的な役割をしている。

リッツ パリ
カンボン通りまで続く豪華なショッピングアーケード。
名だたるブランド品が揃い、思わず時間を費やしてしまう。

リッツ パリ
ショッピングアーケードの途中、右手にビジネスセンターが開設されている。

リッツ パリ
ビジネスセンターの脇から、芝生と噴水のある中庭ガーデンに出られる。

リッツ パリ
地下にある「Ritz Health Club」のエントランス。

リッツ パリ
にこやかなスパ・スタッフが対応するレセプションデスク。
1460㎡の広大な施設面積を持ち、パリ随一の規模と内容を誇る。

リッツ パリ
1988年、地下に新設した大規模なスイミングプール。
古代ローマ風呂をイメージしてデザインされ、天井や壁面には見事なフレスコ画で装飾
されている。正面に見える「Pool Bar」では飲み物や軽食をゆったりと楽しめる。

リッツ パリ
美しくライトアップされた正面ファサード。
純白のサンバイザーにも光が灯り“Ritz”のロゴが華麗に映える。

リッツ パリ
夕暮れ時の美しい風景。
パリの心臓部、ヴァンドーム広場の主役が“Hotel Ritz Paris”である事に間違いはない。

Le Bristol Paris

ル・ブリストル

ル・ブリストル
フォーブル‐サントノレ通りに君臨するル・ブリストルの華麗な外観。
2007年に隣接するマティニョン通り側の建物を買い取り、角地として部屋数も増設した。

ル・ブリストル
冬の夕暮れ時、ホテルが一番輝きを増すル・ブリストルのメインエントランス。
高級ブランドが軒を並べるフォーブル‐サントノレ通りにひと際華やかな
雰囲気に包まれたエントランスがゲストを迎え入れる。

ル・ブリストル
1925年創業のパリでも屈指の名門で、大統領官邸のエリゼ宮に隣接した立地に
世界中のVIP 顧客とミシュラン3ツ星レストランを持つ。

ル・ブリストル
正面玄関前でドアマンと一緒に撮ってもらった写真。
身長が2メートルもあろうかという大男のイケメンだ。

ル・ブリストル
こちらは滞在中お世話になった、ゲストリレーション・マネージャーの
Jean-Marie Burlet 氏との記念の一枚だ。

ル・ブリストル
メインエントランスにはベルスタッフのほか、回転ドアを担当する専任ドアマンも配置している。
正面はコンシェルジュデスクで、向かい合った形でレセプションデスクがある。

ル・ブリストル
ロビー側から俯瞰した正面エントランス。

ル・ブリストル
逆にエントランス側からシャンデリアが眩く輝くロビーを俯瞰。
右手方向に向かうとラウンジ、メインダイニングへと連絡している。

ル・ブリストル
途中にあるエレガントな「The Bar」。
土曜のティータイムにはモデルによる“パリコレ”のファッションショーが催される。

ル・ブリストル
メインダイニングと新館のファンクションルームを結ぶ優美な回廊。

ル・ブリストル
この回廊はホテルの華ともいえるコリドー部分である。
ソファに座って美しい芝生の中庭ガーデンを眺められる。

ル・ブリストル
中庭ガーデンから俯瞰した一階回廊と庭園側客室部分。
右手にレストラン「Epicure」のテラス部分が見える。

ル・ブリストル
客室に向かう途中のエレベーターホールと階段部分。
ロイヤルブルーのカーペットが高貴な空間を醸し出している。

ル・ブリストル
中庭に面した豪華な「Deluxe Suite」のリビングルーム。

ル・ブリストル
約90㎡の広さを誇り、優雅なフェミニンの雰囲気が麗しい。ルイ15,16世様式
の家具に囲まれ、さりげなく巨匠の絵画も掛けられているスイートルームである。

ル・ブリストル
リビングから続くベッドルーム。
中庭を望むテラスが付属してあり、パリ郊外の邸宅の雰囲気が漂う。

ル・ブリストル
キングベッド右手にあるアンティーク調に仕立てた鏡のワードローブが美しい。
左端にある鏡のドアを開くとカラーラ産大理石のバスルームへと導かれる。

ル・ブリストル
ベッドルームからリビング方向への俯瞰。
淡いオレンジ・ピンクのフェミニンな色調で部屋の統一が図られている。

ル・ブリストル
GMからの巨大なウェルカムフルーツとレター。
ウェルカムシャンパンはメインダイニングでいただく様お願いした。

ル・ブリストル
カラーラ産大理石で造られた豪華なバスルーム。
写真左側には大きなバスタブとシャワーブースがある。

Le Bristol Paris
お部屋に付属した瀟洒なテラス部分。

ル・ブリストル
テラスから見下ろした緑あふれる中庭ガーデン。
正面1階に見えるのが、メインダイニング「Epicure」である。

ル・ブリストル
ミシュラン3ツ星レストラン“エピキュール”「Epicure」の正面エントランス。
夏季と冬季にメインダイニングが移動するため今までは正式名称がなく、
「ガストロノミーレストラン」もしくは「ル・ブリストル」の名で呼ばれていた。

ル・ブリストル
“レストラン・デテ”「夏の間」と“レストラン・ディビュール”「冬の間」を季節で移動
していたが、庭園側の「夏の間」にやっと落ち着き、大改装して去年秋に新装オープンした。

ル・ブリストル
夕食時ずっと担当していただいた、レストラン・ディレクターのFrederic Kaiser 氏。
フランスにおける最高職人としての“ベスト・メートル・ドテル”の称号を授与されている。

ル・ブリストル
レストランスタッフ全員が整列して筆者に敬意を表していただいた。
左側前から2番目が、F・カイザー氏である。

ル・ブリストル
メインダイニング「Epicure」のゴージャスな店内。シェフは1999年にブリストルに招かれ、80名のスタッフを率いるEric Freshon 氏だ。素材の鮮度への強いこだわりから
「フレション・フレシュール」“フレションの新鮮さ”の異名を持つ。

ル・ブリストル
著名なインテリアデザイナーのピエール・イヴ・ロション氏とマヤ・オトゥカー夫人との
コラボにより庭園側の“レストラン・デテ”「夏の間」を改装した。パリにある他の
3ツ星レストランがやや威圧的な感があるのに対し、優雅でフェミニンな雰囲気である。

ル・ブリストル
特別に案内していただいた厨房の様子。シェフのフレション氏と話を交わした後の状況で、
手前がスー・シェフ、その後ろが持ち場に戻ったフレション氏。

ル・ブリストル
改装直後の厨房という事で整然と並ぶ什器備品と、無駄のない動きのスタッフたち。
3ツ星レストランの厨房公開は極めて稀である。

ル・ブリストル
2009年に左側角地の建物を買い取り、棟続きの新館としてオープンさせた。
その時、新たな客室と共にカジュアルレストランとして「Le 114 Fauboug」が新設された。 

ル・ブリストル
カジュアルレストランといっても、内装、料理ともに非常に格調は高い。
店名の「Le 114 Faubourg」はフォーブル‐サントノレ通りにあるホテルの住所に由来する。

ル・ブリストル
長年ホテルに住み着いている人気者の猫、ファラオン君。
高貴な姿でロビーを歩き回る。

ル・ブリストル
ロビーフロアのエレベーター脇にあるアールヌーボーの曲線が優雅な階段。

ル・ブリストル
旧館に残る創業当初のエレベーター。
今も現役で使用され、スパに行くときはこれにお世話になる。

ル・ブリストル
「Spa Le Bristol by La Prairie」のレセプションデスク。

ル・ブリストル
スパ個室のトリートメントスイート。
高級ブランド「La Prairie」社と独占契約した最新のボディケアが受けられる。

ル・ブリストル
個室スパスイートの外はガーデンテラスになっている。

ル・ブリストル
子供連れのゲストでも、スパ利用中に安心して預けられるキッズルームも完備している。

ル・ブリストル
6階にある屋内プール施設に一歩踏み入れると、
そこは19世紀のヨット船室に迷い込んだ感覚になるデッキ室。

ル・ブリストル
デッキ室を抜けると、ガラス戸の向こうに甲板上のスイミングプール
をイメージした“プール室”が見えて来る。

ル・ブリストル
チーク材とガラス窓のレトロ感覚たっぷりのスイミングプール。
海運王オナシス氏のヨットを設計したドイツ人デザイナーのピナウの作品で、ヨットの甲板
からコートダジュールを望んだトロンプ・ルイユ(だまし絵)の不思議な空間を演出している。

ル・ブリストル
プールの右サイドは室内のデッキチェアが用意され、
外は外洋を進むヨットに見立て、取り付けた国旗がたなびく。

ル・ブリストル
プールの左サイドは外に出られるようになっていて、
デッキチェアで寛ぎながらパリの街並みを満喫できる。

Park Hyatt Paris Vendome

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
オペラ座からヴァンドーム広場に向かう華やかなラ・ぺ 通りに位置する、
パークハイアット・パリ・ヴァンドームの正面ファサード。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
非常に控えめなエントランスのため、うっかりすると通り過ぎてしまう。
ホテルの銘板も控えめだが、「PALACE」のゴールドプレートは誇り輝いている。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
2011年5月5日にパラス認定発表があり、パリでは新参の外資ホテル“パークハイアット”ではあるが、実にパリで4軒しか選ばれなかった“パラス”の称号を獲得した。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
エントランスを抜けて最初にコンシェルジュデスクがある。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
続いて進むと右手にレセプションに出会う。実にスマートなデスクだ。
2002年8月開業の40室のスイートを含め全158室の豪華邸宅ホテルである。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
グランドフロア中心部にあるホテルを代表するレストラン「Les Orchidees」。
パリの名だたる高級ホテルの中でも最も注目されており、モダンとクラシズム
の見事に融合したデザイン性が際立つホテルである。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
その隣にある暖炉が美しいラウンジ「La Cheminee」。
このホテルのデザイン設計はアマンリゾートを手掛ける著名な米国人建築家、
エド・タトル氏が担当したと聞けば納得するであろう。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
レセプション前にある中庭「La Terrasse」。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
ラ・ぺ 通りの裏側に車寄せのコーナーがあり、こちらがその裏側エントランス。

パークハイアット・パリ・ヴァンドーム
そこから地下に通じる階段がある。絵画インテリアが秀逸だ。
地下にはスパ「Le Spa」があり、ジムも併設されている。

Page 1 of 212

ページの上部に戻る

Search