世界のリーディングホテル

TGV & SNCF, French Railways

TGV & SNCF, French Railways

TGV & SNCF、フランス国鉄

TGV & SNCF、フランス国鉄
CDG、シャルル・ド・ゴール空港の2Eターミナル到着ロビー。
これからターミナル2Cとの中間点にある、エアポートCDG-TGV駅に向かう。

TGV & SNCF、フランス国鉄
連絡通路から1階下りたところにある巨大な電光掲示板。
地上部分はシェラトンCDGエアポートホテルになっている。

TGV & SNCF、フランス国鉄
さらにもう1階下がるとTGVの出発ロビーに辿り着く。
ここには待合室とTGVチケットカウンターがある。

TGV & SNCF、フランス国鉄
巨大なTGV専用の半地下ホーム。
朝7時半を過ぎているが外はまだ暗い。

TGV & SNCF、フランス国鉄
「AEROPORT CHARLES DE GAULLE TGV」の駅名表示。
ホームはこんな感じの半地下方式だ。

TGV & SNCF、フランス国鉄
パリ市内へ出なくとも、空港駅からフランス各都市へTGV網で連絡している。

TGV & SNCF、フランス国鉄
写真は最新型2階建てのTGV-Duplexだ。

TGV & SNCF、フランス国鉄
やがて7:48発のストラスブルグ行のTGV-#5400が入線して来た。

TGV & SNCF、フランス国鉄
スタンダード型のTGVで、ファーストクラスの出入り口。

TGV & SNCF、フランス国鉄
非常にスマートなファーストクラスの車内である。
フランスらしい秀逸なデザインを誇り、2+1の配列でゆったりしている。

TGV & SNCF、フランス国鉄
一緒に連結されているラウンジカー。
無駄のないスタイリッシュな感覚である。

TGV & SNCF、フランス国鉄
ロレーヌ駅構内。
ここはTGV専用駅で、メッスとナンシーのちょうど中間点に設置された。

TGV & SNCF、フランス国鉄
シンプル&モダンの典型である「GARE LORRAINE TGV」ロレーヌ駅。
畑の中に設置されたので周りには何もなく、かつての新幹線岐阜羽島駅といった感じである。

TGV & SNCF、フランス国鉄
重厚な石畳の造りのメッス駅。
古来より何度もドイツ領に編入された歴史があり、町もドイツの香りが漂う。

TGV & SNCF、フランス国鉄
「GARE DE METZ」メッス駅正面ファサード。
“Metz” の名前そのものがドイツ風である。

TGV & SNCF、フランス国鉄
スマートな駅構内のチケット売り場。
日本のJR「みどりの窓口」といった感じだ。

TGV & SNCF、フランス国鉄
重厚な雰囲気の駅中央のコンコース。

TGV & SNCF、フランス国鉄
メッス駅ホーム。これからナンシーに向かう。

TGV & SNCF、フランス国鉄
ナンシー方面行の2階建て普通列車が入線。

TGV & SNCF、フランス国鉄
2階建て車両のデッキ部分。2階に上がる階段だ。

TGV & SNCF、フランス国鉄
1階部分の車内の様子。
日本には決して無いユニークな造りで、羨ましい限りである。

TGV & SNCF、フランス国鉄
「GARE DE NANCY」ナンシー駅正面ファサード。

TGV & SNCF、フランス国鉄
主要駅にはおしゃれな「PAUL」が出店している。
日本でも最近多く見られるようになってきた店だ。

TGV & SNCF、フランス国鉄
1番線ホームで若い女性駅員が何やら立ち話。

TGV & SNCF、フランス国鉄
10:28分発パリ東駅行、TGV-#2535が到着。
赤い帽子の女性駅員の制服が実にスマートだ。

TGV & SNCF、フランス国鉄
ファーストクラスの車内。
羨ましいくらいのデザイン性に富んだ、2+1の座席構成。

TGV & SNCF、フランス国鉄
イルド・フランスの田園風景を見ながら列車はパリを目指す。

TGV & SNCF、フランス国鉄
パリ東駅に到着。2005年以来の東駅である。

TGV & SNCF、フランス国鉄
パリ東駅構内の様子。

TGV & SNCF、フランス国鉄
パリ東駅、中央コンコース。昔と比べて随分と明るくモダンになった。

TGV & SNCF、フランス国鉄
風格のある「GARE DE L’EST」パリ東駅の正面ファサード。

TGV & SNCF、フランス国鉄
2005年当時のパリ東駅。
当時は、今のようなモダンな駅名表示やSNCFのロゴは無かった。

TGV & SNCF、フランス国鉄
2005年、ミュンヘン行に利用したDBの夜行列車NZ-261の案内板。

TGV & SNCF、フランス国鉄
2段ベッド、1等4人部屋の室内。
ドイツ語、フランス語、英語が飛び交う楽しい旅だ。
この続きは、Edition 3/ Germanyにて参照できる。

TGV & SNCF、フランス国鉄
朝になり、寝台車内で撮ってもらった一枚。

TGV & SNCF、フランス国鉄
豪壮な建築美のパリ・リヨン駅。
パリの駅は北・東などの位置関係、もしくは行先方向の都市名を駅名にしている。

TGV & SNCF、フランス国鉄
「GARE DE LYON」パリ・リヨン駅の正面ファサード。

TGV & SNCF、フランス国鉄
駅構内2階にある有名レストラン「Le Train Bleu」の前から撮った一枚。
筆者はこの駅が一番パリらしく、この雰囲気が大好きだ。

TGV & SNCF、フランス国鉄
各方面に連絡するTGVが一堂に会す。

TGV & SNCF、フランス国鉄
11:54分発リヨン・ベラーシュ駅行、TGV-#6613がすでに入線済みだ。
こちらは新型の2階建てのTGV-Duplexである。

TGV & SNCF、フランス国鉄
ファーストクラスの車両出入り口で、列車搭乗スタッフが笑顔で迎えてくれる。

TGV & SNCF、フランス国鉄
2階建て車両の1階出入り口デッキ部分。

TGV & SNCF、フランス国鉄
こちらは2階部分のデッキ付近。

TGV & SNCF、フランス国鉄
ファーストクラスの2階席。
展望が良いのと引き換えに、天井高は低い。

TGV & SNCF、フランス国鉄
こちらはファーストクラスの1階席。
眺望は効かないがゆったりとした空間である。

TGV & SNCF、フランス国鉄
スタイリッシュな付属車両のビストロカー。
出発前でまだ準備中であった。

ページの上部に戻る

Search