世界のリーディングホテル

Town Goings On

Town goings on

ソウル – 街の様子

ソウル - 街の様子
金浦空港からは連絡通路で空港鉄道「A’REX」の発着ホームに接続している。

ソウル - 街の様子
A’REXは当初、仁川空港-金浦空港間が先行開通したが、
2010年12月にソウル駅までの全区間が開通した。

ソウル - 街の様子
A’REXの車内。
仁川空港-ソウル駅間にはノンストップ特急もある。

ソウル - 街の様子
地下鉄2号線の車内。
以前に比べると少なくなったが、相変わらず車内物売りも健在だ。

ソウル - 街の様子
ソウル市庁駅ホーム。

ソウル - 街の様子
ソウルのメインストリート「太平路」。
光化門に至る重要路で、右手の建物は完成間近のソウル市庁新庁舎。

ソウル - 街の様子
太平路の南側部分。
正面奥に先年焼失してしまった南大門で修復工事中の巨大な覆いが確認できる。

ソウル - 街の様子
市庁舎前広場に面して建つ「徳寿宮」。その入口にある「大漢門」。

ソウル - 街の様子
大漢門前で行われる王宮守門将交代儀式。
1995年から伝統文化復元行事の一環として実施されている。

ソウル - 街の様子
ソウル中心部の北側、三静洞の東側に広がる韓国伝統の家屋「韓屋」が集まる北村地区。

ソウル - 街の様子
「昌徳宮」と「景福宮」に挟まれた地域で朝鮮時代の高級官僚が多く住んでいた。
それ故、この様な韓国の伝統家屋が多く残り、昔情緒溢れる地域となっている。

ソウル - 街の様子
この地区は韓流ドラマでも度々登場するため人気が高まり、
北村韓屋村を廻る散策コースが数多く設定されている。

ソウル - 街の様子
鐘路の北側には骨董品を扱う店、ギャラリーや伝統喫茶など
が多く集まる「仁寺洞」の通りがあり楽しめる。

ソウル - 街の様子
そのうちの一つ、古民家を再現した「伝統茶院」の外観。
靴を脱いで上がるオンドル様式の店内で、様々なお茶の種類と高麗人参茶などで楽しめる。

ソウル - 街の様子
世界遺産「宗廟」の正面入り口。

ソウル - 街の様子
入口から延びる参道を進む。

ソウル - 街の様子
1995年12月に世界遺産登録された事を記す記念碑。

ソウル - 街の様子
宗廟の全体案内図。

ソウル - 街の様子
正殿の手前右下に位置する「功臣堂」。
朝鮮王朝の歴代功臣の位牌を祀った建物だ。

ソウル - 街の様子
静寂のなか、凛として建つ宗廟の中心建物である「正殿」。
李氏朝鮮の歴代国王とその妃の位牌を祀っている。
韓国の単一建物としては最長の建造物(101m)であると云われる。

ソウル - 街の様子
正殿は西側を最も上とし、第1室西側1番目から始まり歴代国王と王妃あわせて、
計49位の位牌が19室に祀られている。

ソウル - 街の様子
朱色の門柱が何本も並び荘厳な雰囲気を醸し出している。

ソウル - 街の様子
正殿の外は小奇麗な庭が続く。

ソウル - 街の様子
正殿の外側に趣のある古塀が並び、
これと並行して風雅な松林に沿って石畳の参道が続いている。

ページの上部に戻る

Search