世界のリーディングホテル

Four Seasons Hotel Milano

Four Seasons Hotel Milano

フォーシーズンズホテル、ミラノ

いかにもイタリアらしい、車一台がやっと通れるくらいの狭いジェズ通りに
「Four Seasons Milano」の正面エントランスがある。

前もって言われなければ気が付かない程の控えめな正面玄関である。

高級ブティックが軒を並べるモンテ・ナポレオーネ通りから1本奥に入った
最高のロケーションを誇る立地だ。

正面エントランス横に掲げられた「Four Seasons Hotel Milano」のプレート。
その下に「Il Teatro」、「La Veranda」そして「Il Foyer」の各レストランの案内もある。

館内から見ると、シンプル&モダンな正面玄関。

正面玄関の横にはコンシェルジュデスクがあり、
背後の壁面に修道院時代に描かれたフレスコ画の一部が保存されている。

エントランスホールに広がるロビーラウンジの「Camino Room」。

ロビーラウンジの奥にあるバー・カウンター。

バー・ラウンジの「Il Foyer」のロゴを付けたエントランス。

落ち着いた雰囲気のバー・ラウンジ「Il Foyer」の店内の様子。

レセプション前の小ホール。

スタイリッシュな感覚のレセプションカウンター。

レセプションの先にあり、別ウィング出入り口前にあるエレベーターホール。

別ウィングは天窓からの光が差し込むパティオを中心に客室がまとまっている。

ベッドルーム側の廊下から俯瞰したリビングルーム。

ゆったりとしたリビングのソファセット。

GMから届けられたウェルカムアメニティー。

リビングルームの俯瞰。
この部屋は「Four Seasons Executive Suite」で、約70-80㎡の広さがある。

ライティングデスク前のドアからベッドルームに通じている。

リビングからベッドルーム方向。

完全に独立したベッドルーム。

2方向からの採光で気持ちの良いベッドルームだ。

ベッドルームからワードローブ方向。
一つの部屋といった感じで、大きな面積を確保している。

ゴージャスなバスルーム。

洗面台からトイレ方向。

窓からの採光があり、独立したルーム感覚である。

エントランスホール正面に「La Veranda」、
階段を下がるとイタリア料理の「Il Teatro」がある。

オールデイダイニングの「La Veranda」のエントランス。

シェフのセルジオ・メイ氏が地中海料理と地元ミラノ料理に腕を振るっている。

ガーデンテラスに面した明るい雰囲気だ。

ラ・ベランダのテラス席。天気が良ければこの席から埋まって行く。

あいにくの雨模様だが、中庭の美しい木々に癒される。

本館から中庭に向かう出入り口。

中庭を取り巻く修道院当時の面影を残す“クロイスター”「列柱廊」は絵のような美しさだ。
ホテル建物は15世紀の尼僧院がルーツで、増改築を繰り返しながら18世紀には
現在の規模の修道院になったという。

クロイスターの列柱はホテル館内部分で、仕切りの全面ガラスで覆われている。
したがって、このように中庭と内回廊を自然な形で分離している。

別ウィングのミーティングルームへの連絡回廊。

スパ「The Spa」エントランス前のホール。
リニューアルオープンに向けて改修、休業中であった。

アート感覚たっぷりの繊細な弧を描く美しい階段。

エントランスホールから階段を下がった場所のある半地下のパティオ。

セッティングが終わり宴会開始を待つボールルームの様子。

ページの上部に戻る

Search