世界のリーディングホテル

The Majestic Hotel Kuala Lumpur

The Majestic Hotel Kuala Lumpur

ザ・マジェスティック ホテル クアラルンプール

KLセントラル駅でザ・マジェスティックのゲスト・リレーションズによる出迎えを受ける。

マジェスティックウィングから俯瞰する
「The Majestic Hotel Kuala Lumpur」の全景。

白亜の美しいホテル正面ファサード。1932年に建てられたクアラルンプールの
名門ホテルで、80年の時を経てYTLホテルズによって復活し再オープンを果たした。

コロニアル風の伝統と格式を誇り、KLのランドマークとして歴史に残る政治的会議や
各国要人を迎える迎賓館として使われてきた。

復活した正面玄関の階段アプローチ。

コロニアル風の籐の椅子が回廊のアクセントになっている。

階段を上り切るとホテルスタッフが待ち受ける。

エレベターを降りると目の前で担当バトラーの出迎えを受け、おしぼりと冷茶を頂く。

旧館マジェスティックウィングの館内廊下。

見事に調和がとれた華麗なリビングルームのインテリアデザイン。

旧館コロニアル棟にあるため、この様に天井丈も充分な高さを保っている。

この部屋はマジェスティックウィングにある「The Governor Suite」の部屋で、
エレガントな雰囲気が漂うスイートのリビングルームだ。

リビングルームからベッドルームへの俯瞰。

「The Governor Suite」のゴージャスなベッドルーム。
約55㎡の広さを誇り、コロニアル棟を代表するスイートルームだ。

非の打ちどころの無い完璧なデザインレイアウトと言える。

ベッドサイドからバスルーム方向への俯瞰。

猫足の付いたクラシカルなバスタブが印象的だ。

アールデコ調でまとまったデザインが好印象である。

窓からは壮麗な外観を持つ旧クアラルンプール駅を間近に望むことができる。

新しく増設した新館タワーウィング側の全景。

タワーウィングの正面ファサード。
こちらも旧館と同じ、白亜の美しい建物だ。

大きくホテルのロゴマークが掲げられた正面エントランス。
旧館と同じようにコロニアル調の制服を着たベルキャプテンが待機する。

正面玄関エントランスホール側には担当ドアマンが立つ。

壮麗なシャンデリアが圧倒的存在感を放つエントランスホール。

エントランスホール奥にあるレセプションカウンター。

タワーウィングから旧館マジェスティックウィングに向かう連絡通路入口。

途中にある「The Smoke House」と呼ばれる別棟に向かう回廊。

バーカウンターやシガールームなどを備えた大人の憩いの場である。

別棟にある「The Majestic Spa」のエントランス。

スパのレセプションデスク。

スパ内にあるトリートメントルーム。

スパ棟正面にあるスイミングプール。
正面の建物は旧クアラルンプール駅のムーア様式の駅舎である。

メインダイニング「The Colonial Café」のお世話になったスタッフたち。

コロニアル棟にある正統派のファインダイニングだ。

グランドピアノが置いてあるメインバー「The Bar」。
メインダイニングと隣接しており、夜は生演奏が入る。

専任楽団が入り、生演奏の音楽を聴きながらディナーを楽しむ。

前菜、シーザーサラダのサーモン添え。

メイン料理に合わせた赤ワイン、
Grand Burge 5th Generation Barossa Shiraz 2010, Australia Barossa/

メイン料理ラム肉、赤ワインソース温野菜添え。

アフタヌーンティーが人気のラウンジ「The Tea Lounge」。
バー、ダイニングルームと有機的に結合した広い空間にある。

見事なオーキッドの華が咲き乱れるティールーム「The Orchid Conservatory」。

タワーウィング側にあるオールデイダイニングの「CONTANGO」のレセプション。

世界各国の食材が並ぶオープンキッチンのレストランだ。

スタイリッシュな店内。

握り寿司も本格派である。

照明が美しい夜間のコロニアル棟メインエントランス。

ページの上部に戻る

Search