世界のリーディングホテル

Hotel Adlon Kempinski

Hotel Adlon Kempinski

ホテル アドロン ケンピンスキー

ブランデンブルグ門から望む「Hotel Adlon Kempinski」。

ブランデンブルグ門の前にある広場は「Pariser Platz」と呼ばれ、
ここから菩提樹で有名な「Unter den Linden」大通りが始まる。

威風堂々とした佇まいの「Hotel Adlon Kempinski」。

ウンター・デン・リンデンから望むブランデンブルグ門とホテルアドロン。

新設された真紅のキャノピーが美しいアクセントになっている
ホテル正面ファサード。

凛とした黒服のスタッフが立つホテル正面エントランス。

重厚なホテルエントランスホール。

エントランスホール正面にドイツ国旗、EU旗など3本の旗が掲げられている。

そのエントランスホールで記念撮影。

実は10年前に宿泊した時にお世話になったベルキャプテンと再会し、今回私の担当をしてくれるゲストリレーションズの女性スタッフも加わって記念の撮影をした。

レセプション前のメインラウンジ「Lobby Lounge & Bar」。

ラウンジの天井は華麗な装飾が施されたガラスのドームになっている。

ラウンジに隣接してバー・コーナーがある。

2階回廊から俯瞰した豪華なラウンジ風景。

ラウンジの先にレセプションカウンターが見える。

レセプションデスクの奥まった場所にコンシェルジュデスクが置かれている。

総大理石の端正な客室階エレベーターホール。

ホテル内側のコートヤード。

スイートルームの広い玄関ホワイエ。

「Brandenburg Gate Suite」のリビングルーム。

リビングからベッドルーム方向を見る。

ベッドルームとの間には木目の重厚な扉がある。

ベッドサイドからリビング方向を見る。

広大な面積を持つバスルーム。

ライティングデスクから望むブランデンブルグ門。

このスイートルームはパリサー広場に面しており、
ブランデンブルグ門が手に取るように望める。

ブランデンブルグ門の全容が得られる眺望だ。

スパ施設「Adlon Spa by Resense」のレセプション。

トリートメントルームに向かう回廊。

スパ内のリラクゼーションルーム。

スタンダードタイプのトリートメントルーム内部。

瞑想室、通称ヨガルームも用意してある。

フィットネス施設「Adlon Pool & Gym」のレセプション。

ゴージャスなスイミングプール内部。

古代ローマの貴族的雰囲気が漂うエレガントな空間。

ロビーラウンジから吹き抜けの2階回廊に上がる階段。

回廊の突き出た部分にグランドピアノが設置され、
ピアノ生演奏の曲が階下に流れる。

2階回廊部分にも張り出したボールルームの華やかなテーブルレイアウト。

ホテル館内中央にあり、
ガラス屋根から陽光が降り注ぐインナーコートヤード。

夕暮れ時、ライトアップされたホテル正面ファサード。

ライトアップされ幻想的に浮かび上がるブランデンブルグ門。

ミシュラン2ツ星レストラン「Lorenz Adlon Esszimmer」の
レセプション&エントランス。

何ともエレガントな雰囲気を持つレストラン内部。

まるで個人の邸宅に招かれた感覚になるライブラリー側のコーナー。

ライトアップされたブランデンブルグ門が望める窓側のテーブル席。

ブラッスリースタイルのレストラン「Restaurant Quarre」のレセプション。

ここの人気メニューは少々値が張るが、シャンパン・ブレックファストが評判だ。

ブランデンブルグ門を間近に臨む優雅な窓側の席。
夏場は窓が開けられテラス席と一体となる。

どの席も絵になる内装と雰囲気が魅力で、
ベルリンでもセレブリティーの間で評価の高い人気店である。

ページの上部に戻る

Search