世界のリーディングホテル

Mandarin Oriental, Munich

Mandarin Oriental, Munich

マンダリン オリエンタル、ミュンヘン

「Mandarin Oriental, Munich」の正面ファサード。
前身は “ミュンヘンの華” と称された旧ラファエルホテルだ。
オリジナルの建物は1880年に市のオペラハウスとして建てられた。

正面玄関に立つチーフ・コンシェルジュ。

やがてベルキャプテンやドアマンたちが集まって来て記念撮影。

ホテルの特徴を良く表すホテルのコーナー部分。
ネオ・ルネッサンス様式を持つ白亜のホテルは今も市民の自慢の一つだ。

「Mandarin Oriental」の文字とお馴染みの扇のロゴマークが美しい、
ホテル正面エントランス。

エントランスホールはやや狭い感じだが、
フレンドリーなベルキャプテンが自慢の「額入りの扇」を案内する。

シンプル&モダン、非常にスマートなレセプションデスク。

レセプション前のクラシカルな雰囲気のロビーラウンジ。

ロビーフロアにある落ち着いたラウンジ・バーの
「Lobby Lounge & Mandarin Bar」

滞在中お世話になったPR 担当マネージャー、Ms. Konstanze Ruf 氏と一緒。

オリエンタルなムード漂うエレベーターホール。

最上階の部屋には専用階段を上がって行く。

落ち着いた気品ある館内廊下。

ホテルトップフロアに位置する「Mandarin Room」のベッドルーム。

ビーダーマイヤー様式の特徴的意匠を施した客室だ。
天井から斜めに傾斜する壁面の窓枠には優美なドレープカーテンが掛かる。

コンテンポラリー感覚のシッティングエリア。
インテリアの卓越したデザインセンスに思わず脱帽である。

GM からのウェルカムレターとアメニティー。

ゴージャスな総大理石のバスルーム。

バスルームに付随して用意された出窓のあるトイレタリーコーナー。

バスルームからベッドルーム方向を見る。

客室窓から眺めるミュンヘン中心部の美しい眺め。

屋上に向かう専用階段。

階段上にある小テラス。仏像を置いて東洋趣味を出している。

小テラスから上がったルーフトップの入口部分。

ルーフトップテラスとスイミングプール。

小粋なバーカウンター。

プールの向こうサイドはデッキチェアが並ぶ。

プールサイドには籐製のチェアがずらりと並ぶ。

プール脇のソファ席にも仏像を置いている。

プールサイドのボックス席。ミュンヘン市内の街並みが望める。

メインダイニングに向かう優美な曲線を描く階段。

2階に上がったコリドーから俯瞰するロビーラウンジ。

コリドー脇に置かれたペアの椅子席。まさにコージーコーナーである。

メインダイニング「Restaurant Mark’s」のメニュー案内。

ミシュラン1ツ星レストラン「Restaurant Mark’s」の気品ある店内。
ミュンヘンのセレブリティーの間でいちばんの評判だ。

シェフのMr. Simon Larese 氏と記念に1枚。

お世話になったレストラン・マネージャーとメートル・ドテル氏

グランドフロアから延びる華麗な階段。

ビストロ「Bistro MO」のエントランス。

ブラッスリースタイルだが、店内は豪華なファインダイニングだ。

筆者の出発に際してマネージャースタッフと記念の1枚。

ページの上部に戻る

Search