世界のリーディングホテル

Edition 1/ Shanghai, ChinaⅠ

Shanghai – Introduction

上海 – はじめに

記念すべき第一回は、今年世界中から注目を集め、躍進中国の象徴である万国博開催都市、
上海を特集してみたいと思います。

上海は過去3回程訪問したのですが、前回の訪問時(2001年暮れ)には浦東の超高層ビル
の原型が既に出来上がっており、あまりの開発進捗度の速さに驚いたものでした。
ちょうど金茂大厦の上層部分にグランドハイアットが開業したばかりで、浦東地区は今後の
大ブレークを予感させる熱気を当時から充分漲らせていました。外灘バンド側から黄浦江の
向こうに立ち並ぶ高層ビル群に、ふと以前、NYはブルックリン橋から眺めたマンハッタン
摩天楼の幻影を見たような気が致しました。

今回は約8年振りの訪問(2009年暮れ)となりました。ワールドフィナンシャルセンター
上層部にあるパークハイアット101階からあの超高層グランドハイアット88階を下方に
眺める構図は見事の一言で、中東ドバイを除けばおそらく世界で此処だけでしょう。
万国博を翌年に控え街中が化粧工事の真っ最中で、特に外灘バンド側はメインストリート
と浦東を眺める遊歩道が完全に掘り起こされ、土埃の真っ只中という様相でした。

上海のホテル立地構図は大別すると、

浦東地区: Park Hyatt, Grand Hyatt, St,Regis, Shangri-la/Tower, InterContinental, etc.
外灘バンド地区: Peninsula, Westin, Hyatt on the Band, Broadway Mansion, etc.
南京路から静安寺界隈: JW Marriott, Ritz-Carlton, Four Seasons, Garden Hotel, etc.
虹橋開発区: Sheraton, Marriott Hongqiao, Millennium, etc.

今回の注目点は香港上海ホテルズグループ発祥の地に、ペニンシュラ上海として開業した
事です。まだソフトオープンで一部工事中でしたが、浦東の超高層ビル群を望み
上海大厦(ブロードウェイマンション)から続く外灘バンドの一等地に重厚な佇まいを
醸し出しております。また北側の旧英国領事館庭園と南側ブランドファッションビル開発
に隣接しており、グランドオープン後は間違いなく上海随一のホテルと確信します。

一方、セントレジス上海は少々期待外れでした。北京のセントレジス(国際倶楽部飯店)
は米国や日本大使館に隣接した建国門外大街の一等地にあったのに比べ、ここは浦東中心
から南にずれた場所にあります。エントランスからロビー周りも狭く事前の評価とはやや
異なりました。その他、ポートマンリッツカールトン、オークラガーデンホテル(花園飯店)、
浦東シャングリラ、和平飯店(改装で休業中)を掲載しました。

今回は世界遺産の黄山トレッキングの帰りに杭州経由で中国新幹線の和諧号で上海入り
したのですが、真冬の黄山登攀の状況や安徽省・浙江省に点在する古鎮老街の情景、
また上海の新しいファッションストリートの新天地や田子坊の情報も別の機会にご案内
できればと思っております。

Pudong,Shanghai

上海浦東の俯瞰

金茂大厦(ジンマオタワー)と上海環球金融中心(ワールドファイナンシャルセンター)
直近で俯瞰した88階の金茂大厦(ジンマオタワー)と
101階の上海環球金融中心(ワールドフィナンシャルセンター)です。
これで見るとほぼ同じ高さに見えますが・・・。

外灘(バンド)側から見た金茂大厦(ジンマオタワー)と上海環球金融中心(ワールドファイナンシャルセンター)
外灘バンド側から見ると実際の高さが確認できます。
手前低い方が金茂大廈で、右側緑色の尖がりビルがシャングリラタワー新館、
さらに右側茶色ビルが本館。
本来は外灘のメインストリートと黄浦江に沿って遊歩道があるのですが、
今回は万国博前の全面工事中で立ち入ることは出来ませんでした。

2001年12月当時の浦東の全景
2001年12月当時の貴重な浦東の全景です。
金茂大廈が独立して存在感がありますね。
前述した様に、この時既に浦東の超高層ビル群の原型は完成していた訳です。

Park Hyatt Shanghai

パークハイアット上海

パークハイアット上海のエントランス

パークハイアット上海のエントランス
パークハイアットのエントランスです。
知る人ぞ知る完全なプライベート・お忍び感が漂う出入口で、
ホテルのプレートが無ければ誰も判りません。
事実、何回もタクシーを利用しましたが、どのドライバーも建物の周りを
グルグル廻るだけで、入口を見つけることは出来ませんでした。

パークハイアット上海87階のラウンジの様子
87階のラウンジの様子です。
右手壁の反対側にレセプションカウンターがあり、
客室専用のエレベーターホールに導かれます。

パークハイアット上海から眺めた巨大都市上海
87階にあるロビーラウンジから眺めた巨大都市上海です。
手前が金茂大厦で上層階(53-87階)にグランドハイアットが入っています。
後方に外灘バンドが臨め、その背後は何百本の超高層ビルが乱立しております。

パークハイアット上海から眺めた夕暮れ時の巨大都市上海
同じ角度で夕暮れ時の眺め。
 

パークハイアット上海のエレベーターホール
そのエレベーターホールです。
ロビーラウンジまでのエレベーターとその先客室専用エレベーターは
完全に分離されており、部外者は先に進めません。
客室カードキーはコンピューター制御されております。

パークハイアット上海の客室前のコリドー
廊下から続く客室前のコリドーです。
お忍び感は充分です。

パークハイアット上海の部屋内部

パークハイアット上海の部屋内部
部屋内部の様子です。
シンプル&モダンのコンセプトで55-60平方の非常に快適な空間構成です。
右側に広大なワードローブや最新型のカプセル方式のコーヒーメーカーを始め
必要な居住アメニティーはビルトインされております。

パークハイアット上海の部屋からの眺め

パークハイアット上海の部屋からの眺め
部屋からの眺め。
今回は外灘バンド側正面の部屋にアップグレードしてもらいました。
お蔭でこの様な見事な眺望を得る事が出来ました。

パークハイアット上海のパウダールーム
パウダールームから見たバスルーム。日本の「風呂」を基本に取り入れ、
バスタブと洗い場を合体してシャワールームは排除している。
写真から判るように木製の風呂桶とアメニティーが入った丸籠が用意されており、
極めて新鮮で上質な空間を演出している。
スタイリッシュなデザイナーズ系ホテルで最近見かけられる様になり、
ソウルのパークハイアットの岩風呂趣のバスルームからヒントを得たと思われる。

パークハイアット上海の出入り口と部屋を結ぶ廊下
出入り口と部屋を結ぶ廊下。
 

パークハイアット上海の完全フル自動のトイレ
完全フル自動のトイレ。
上海万博出展している今話題の世界一高価なトイレを彷彿させられる。

パークハイアット上海のライブラリーの一部
ライブラリーの一部です。
新宿のパークハイアットの41階ジランドールレストランから客室エレベーターホールに
向かう導線の空間にヒントを得ている感じ。

パークハイアット上海のスパ・プールの入口
85階にあるスパ・インフィニティープールの入口。
 

パークハイアット上海のスパ・プール
各種芳香オイルの案内。
 

パークハイアット上海のインフィニティプール、ジャグジーの全景俯瞰
インフィニティプール、ジャグジーの全景俯瞰。
プールに関してはグランドハイアットより格段の高級感がある。

パークハイアット上海のインフィニティプール、ジャグジー
デッキチェアに横になって眺める景観はまさに天空のオアシス。
 

パークハイアット上海のスカイデッキからの眺望
100階にあるスカイデッキからの眺望。
88階の金茂大厦が遥か下に見える。

パークハイアット上海の入る101階上海環球金融中心(ワールドフィナンシャル)
こちらはパークハイアットの入る101階上海環球金融中心(ワールドフィナンシャル)を
下から見上げた写真です。

Grand Hyatt Shanghai

グランドハイアット上海

下からの金茂大厦(ジンマオタワー)
あらためて下からの金茂大厦(ジンマオタワー)です。
上海環球中心より、こちらの方が男性的な迫力があり、
自分としてはこちらのフォルムが好きです。

グランドハイアット上海の巨大な吹き抜け
内部は巨大な吹き抜けになっており圧倒される。
香港のアイランドシャングリラの吹き抜けの近未来版に通じるかも。

グランドハイアット上海の外廊下
客室にはこの巨大吹き抜けの外廊下から入る。
 

グランドハイアット上海のレセプションカウンター前のロビー
54階にレセプションカウンターがありますが、やや狭い感じ。
写真は手前のグランドロビーです。これもパークハイアットに比べ手狭です。

グランドハイアット上海の漢詩のベットヘッド
部屋内部。
この漢詩のベットヘッドが人気です。

グランドハイアット上海の客室内部
ソファーとライティングデスク。
当時はデスクスタンドを含めすごくモダンに見えたが、今は逆に少々古い感じ。

グランドハイアット上海のバスルーム内部
バスルーム内部。
中央にオブジェが飾ってある。

グランドハイアット上海の漢詩のベットヘッド
漢詩に興味があり、隣室のベットヘッドも見せてもらった。
因みに人気があるのは、寒山寺で有名な「楓橋夜泊」だそうです。

グランドハイアット上海のスパ内部、プールに続くロッカールーム入口
スパ内部、プールに続くロッカールーム入口です。
 

グランドハイアット上海のプール
今見るとかなり時代遅れの感じがするプール。
でも当時は、眺望も含めて感心したものです。

Page 1 of 3123

ページの上部に戻る

Search