世界のリーディングホテル

Settha Palace Hotel

Settha Palace Hotel

セタ パレス ホテル

「Settha Palace Hotel」の空港送迎リムジンは
昔懐かしいロンドンタクシーを使用している。

セタパレスに “ロンドンタクシー” で到着。

この様に年代物ロンドンタクシーを
ピカピカに磨き上げてリムジンとして使用している。

「Settha Palace Hotel」正面エントランス車寄せ。
1932年創業で、小規模ながらラオスで屈指の伝統と格式を誇るホテルである。

「Settha Palace Hotel」の文字が書かれたホテル正面エントランス。
ラオスの首都ビエンチャンにひっそりと佇む何とも愛らしい珠玉のホテルだ。

フレンチ・コロニアルの雰囲気が漂う優美なエントランスホール。
建物は仏領インドシナ時代のフレンチ・コロニアル様式を忠実に再現し
優美な姿を見せている。

クラシカルな雰囲気が漂うレセプションデスク。

ホールには創業した1930年代の調度品もさり気なく置かれている。

5年の歳月と膨大な費用と手間を掛けて99年に再オープンを果たし、
創業当時の麗しき姿の貴婦人が蘇った。

ホール奥にある仏像が置かれた回廊。

クラシカルな階段から望むエントランスホール。

歴史を感じさせるコロニアル風の外回廊。

リビングから望むベッドルーム。

玄関ホワイエから見るリビングルーム。

約45㎡の広さを持つ「Junior Suite」。
天井は高く板張りのフロアで何処となくノスタルジックな雰囲気を醸し出している。

可愛らしいベッドルーム。

バスルームは少々狭い感じだが、使い勝手は良好である。

リビングに配置されたラオス様式の紋様を取り入れたソファーセット。

緑豊かなガーデンに用意された小粋なスイミングプール。

エントランスホールからバー、レストランへと進む。

メインバー「La Belle Epoque Bar」のカウンター。

「La Belle Epoque Bar」のラウンジ部分。

「La Belle Epoque Restaurant」のエントランス。

メインダイニング「La Belle Epoque Restaurant」のエレガントな店内。
首都ビエンチャン屈指のフレンチレストランだ。

担当のメートル氏と記念の1枚。

Louis Jadot, Pinot Noir 2009, Bourgogne.

翌日、ブレックファストのセッティング。

朝日の当るコーナー席を用意してくれた。

ページの上部に戻る

Search