世界のリーディングホテル

Arcadia Hotel

Arcadia Hotel

アルカディア ホテル

アルカディアは旧市街の歩行者専用地区にあり、
リムジンを降りて、歴史の重みを感じさせる石畳の路地を歩いて到着する。

「Arcadia Hotel Bratislava」は、ブラチスラヴァ旧市街中心部にある
13世紀に建築された歴史的建造物を修復して、2007年にホテルとして開業した。

正面玄関に立つベルキャプテン。
LHW加盟の銘板を掲げたユニークな5ツ星ブティックホテルだ。

往時の面影を色濃く残した「Arcadia Hotel Bratislava」の正面ファサード。
クラシカルなアーチ型の控えめな玄関やガラス天井が美しい吹き抜けの
エントランスホールなど、小規模ながら印象的な高級ホテルだ。

ホテル正面玄関からエントランスホールに続く優雅なコリドー。

館内に一歩入ると、クラシカルな吹き抜けのエントランスホールが広がる。

ガラス天井から淡い陽光が降り注ぐ吹き抜けのエントランスホール。

控えめな造りのレセプションデスク。

アルカディアは20の客室と13ものスイートを加えた、
僅か33室の贅沢な客室構成である。

デュプレックスタイプ「Maisonette Deluxe Suite」のリビングルーム。

約70㎡の広さを持ち、1階部分は暖炉を備えた重厚なリビングとなる。

ベッドルームのある2階に上る。

階段途中から俯瞰するリビングルーム。

2階ベッドルームから階下を見る。

ホテル最上階にあるメゾネットスイート「Maisonette Deluxe Suite」の
2階に配置されたスタイリッシュなベッドルーム。

淡い陽光が充分に降り注ぐ明るいベッドルームで、
1階部分を合わせた客室面積は約70㎡で充分な広さを持つ。

ホテルGMからのウェルカムレターとアメニティー。

クラシカルな気品が漂うパウダーコーナーとバスルーム。

メインダイニング「L’Olive」クラシカルなエントランス。

13世紀に建築された歴史的建造物の雰囲気が色濃く残る、メインダイニング「L’Olive」の店内。
スロバキア伝統料理に現代の要素を取り入れたスタイルに評価が高い。

メインダイニング「L’Olive」の独立したコーナー席。

地元スロバキアNO1ワイナリーで、
1825年からシャンパーニュ製法で作り続ける「HUBERT」Club 2011.

可愛いアミューズ

地元スロバキア産白ワイン、「VARIETO」Rizling Rynsky 2011.

前菜-Ⅰ

前菜-Ⅱ

地元スロバキア産赤ワイン、「Frankovka Modra」Mrva&Stanko 2011.

メインの牛ひれ肉、赤ワインソース

デセール

ゆったりとした時が流れる「Library Bar」のカウンター席。

「Library Bar」は心地良いラウンジ空間をゲストに提供している。

13 世紀当時には拷問に使用されていたと言われる部屋を改造した「The Arcadia Spa」。

現在は各種サウナなど快適なリラクゼーション空間となっている。

ドライサウナ、ミストサウナ、そして水風呂が揃う。

ページの上部に戻る

Search