世界のリーディングホテル

Four Seasons Hotel Gresham Palace

Four Seasons Hotel Gresham Palace

フォーシーズンズホテル グレシャムパレス

ブダペスト中心部を流れるドナウ川に、ひと際美しい橋が架かっている。
街のランドマークである「くさり橋」である。

その橋のたもとのルーズベルト広場正面に、
「Four Seasons Hotel Gresham Palace Budapest」の壮麗な宮殿が建っている。

当初はロンドンに本拠地とするグレシャム生命保険会社の建物として、
1906年に完成した宮殿である。

「Four Seasons Hotel Gresham Palace Budapest」の正面ファサード。

建物は、ハンガリーに於けるアール・ヌーヴォー様式の傑作
と言われる秀麗なスタイルである。

正面エントランスに表示されたフォーシーズンズホテルの銘板。

ドアマンが立つグレシャムパレスの正面エントランス。

創建当時に尽力した建築家などの名簿が誇らしげに掲げられている。

エントランスホールの丸天井に曲線を生かした空間に、
二羽の孔雀の彫像をモチーフにした鉄細工は見所の一つだ。

アール・ヌーヴォーの優雅な曲線を描く鋼鉄とガラスの組み合わせが映える、
天井とレセプションデスク。

エントランスホール右手にあるコンシェルジュデスク。

エントランスホールは、丸天井に優雅な曲線を生かした
美しいアール・ヌーヴォー様式の空間に目を見張る。


エレガントな雰囲気のエレベーターホール。

アール・ヌーヴォーの優美な曲線を描くステアケース。

客室玄関ホワイエから望むベッドルーム。

クラシカルな「Gresham Room」のベッドルームで、約45㎡の広さがある。

ステップアウト・バルコニーを備えたグレシャムパレス様式の優美な客室だ。

客室には、ほぼ完ぺきな日本茶のセットが用意されている。

バスルームは充分な広さを確保し、大理石を張った豪華な造りである。

バルコニーからは、ドナウ川に架かるくさり橋の向こうに王宮も望める。

気品ある館内廊下。

モダンなスタイルに改修された、最上階のスパに向かう通路。

フレンドリーなスタッフのスパ、
「The Four Seasons Spa」のレセプションデスク。

「The Four Seasons Spa」のドレッシングルームとシャワールーム。

ホテル最上階にある「The Four Seasons Spa」の
近未来的フォルムのスイミングプール。

歴史ある宮殿によくぞ設置できたと感心するほど、
モダンな造りのスイミングプールが話題を提供している。

サウナはドライとウェットの2種類を用意している。

最新式のマシンが並ぶトレーニングジム。

メインダイニング「Gresham Restaurant」のエントランスホール。

「Gresham Restaurant」の店内。
地元ハンガリー料理とイタリアンに評判が高い。

メインバー「The Bar」のエントランス。

パサージュスタイルで、“Peacock Passage”と呼ばれる
バー・ラウンジ「The Bar & Lobby Lounge」。

ホテル正面エントランスからは、目の前にくさり橋を望める。

ページの上部に戻る

Search