世界のリーディングホテル

Singapore

Raffles Hotel

ラッフルズ・ホテル

ラッフルズ・ホテル
シンガポールを代表するラッフルズの正面ファサードです。
白亜の館が眩しいくらいですね。
どういう訳か、開業当初より砂利敷きの車寄せです。

ラッフルズ・ホテル
ラッフルズのシンボル、ターバンを巻いたドアマンです。 身長は2メートルを超え
ラッフルズの顔として永年活躍した、ドアマンの姿が今回はありませんでした。
世界各国のホテルのドアマンを見て来ましたが、ここの制服が一番美しいと思います。

ラッフルズ・ホテル
エントランスを入って右側にクラシカルなレセプション・デスクがあります。
左側のキャッシャーもまだ現役で、実際にここでbill の清算をしました。

ラッフルズ・ホテル
エントランスの左側には、これまたレトロなコンシェルジュ・デスクがあります。
 

ラッフルズ・ホテル
エントランス・ロビーの奥にはこの様なクラシカルな階段があり、3階まで上がって行けます。
以前より宿泊者オンリーの立て札があります。

ラッフルズ・ホテル
同じ場所を2階から撮った写真です。
 

ラッフルズ・ホテル
こんどは2階逆方向からエントランス方向を撮った写真です。
 

ラッフルズ・ホテル
同じ場所、手摺を越えて俯瞰したロビーの全景です。
非常に美しいですね。

ラッフルズ・ホテル
正面玄関外の右ウイングにあるラウンジからの眺めです。
正面ファサードは完全シンメトリーで、左ウイングにも同じラウンジがあります。

ラッフルズ・ホテル
その左ウイングから続く、なんと形容して良いか迷うくらいの美しい回廊です。
左側内部にはティフン・ルームがあります。

パーム・コート
パーム・コートと名付けられた、美しい芝生のお庭を囲んだスイート棟です。
本館からL字形に張り出して、パーム・コートを囲んでいます。

ラッフルズ・ホテル
右側の張り出したラウンジの部分の1階が、今回アサインされたお部屋です。
前述の右ウイング・ラウンジから、芝生のパーム・コートを廻って行きます。

パーム・コート・ラウンジ
お部屋前のパーム・コート・ラウンジです。
 

ラッフルズ・ホテルの客室
客室の内部をご案内します。
玄関を入って左手にテーブル・コーナーがあり、右戸棚下に冷蔵庫が入っています。

ラッフルズ・ホテルの客室
右手にはソファー・コーナーになっています。
思ったより広い感じがします。

ラッフルズ・ホテルの客室
そのソファー・コーナーより俯瞰した寝室です。
ターン・ダウンの後はカーテンと、左右のルーバー調の窓が閉められます。

ラッフルズ・ホテルの客室
大型のツイン・ベッドで快適です。
ベッドヘッドのスタイルが後述する2ホテルのそれと、奇妙なくらい似ているのです。

ラッフルズ・ホテルの客室
2年間に亘る徹底的なリノベーションを経て1991年に再オープンしました。
そして全客室がスイート・タイプなのも昔のままです。

ラッフルズ・ホテルの客室
しかし客室の根本的な「古さ」は隠せないのですが、
妙に美しい空間と雰囲気を持っています。

ラッフルズ・ホテルの客室
ベッドサイドから見たクラシカルな化粧台と建具です。
ワードローブの中にはTVが収まっていますが、年代物のアナログTVでした。

ラッフルズ・ホテルの客室
クラシカルなパウダー・ルームです。
緑の大理石のカウンターは新設と思われ、ツイン・シンクの使い勝手は良かったです。

ラッフルズ・ホテルの客室
かなりレトロ調のバスルームです。
バスタブの水栓金具は、私の経験した中で最古の部類に入ると思います。
唯一残念なのは、夜間使用頻度の高い時間帯に、熱いお湯が出なかったという事です。

ラッフルズ・ホテルの客室
玄関脇にある傘立てとスリッパ置きです。このスリッパ置きはアジアのコロニアル・ホテル
によく見られ、アンコールワットのオテル・ダンコールのものとそっくりでした。
また、この「Don’t Disturb」の札は、北京のラッフルズでも使われております。

ティフン・ルームの一部
2階から俯瞰したティフン・ルームの一部です。
右側が入口になります。

ラッフルズ・ホテル
テーブルの一部がロビー側に張り出しておりますが、ここがレセプションになります。
ラッフルズの中で最も古い歴史を誇るレストランです。

ラッフルズ・ホテル
元々はカレー専門のレストランであったが、現在はイングリッシュ・ハイティー目当てのお客で、
連日満席のシンガポールNO1の人気を誇ります。 写真は休憩時のものです。

ティフン・ルーム
ブレックファスト時のティフン・ルームです。
ビュフェ・スタイルで前方に様々な食材が並んでおります。

ティフン・ルーム
案内された窓側のテーブル席です。
外側は前述した美しい回廊になっています。

ライターズ・バー
ロビーを挟んで反対側にライターズ・バーがあります。
ライターズ・バーに入り写真左側を進むとラッフルズ・グリルになります。

ラッフルズ・グリル
これがラッフルズ・グリルです。
残念ながら今回はパスして、スイソテル・ザ・スタンフォード69階のエクィノックスにしました。

ラッフルズ・アムリタ・スパ
本館3階にあるラッフルズ・アムリタ・スパのエントランスです。
 

ラッフルズ・アムリタ・スパ
スパ・レセプションのカウンターです。
奥のドアはスパ・エステルームの入口で、手前はプールに続きます。

ラッフルズ・ホテル
スイミング・プールに続く廊下の途中左手に、
マシンを備えたジムがあります。

スイミング・プール
本館3階屋上にあるスイミング・プールです。
コロニアル・ホテルのオープンエア・プールといえば、地上にあるのが普通ですが、
ここは3階の奥まった所にあります。

スイミング・プール
ですから、宿泊客のゲストもあまり知らない感じで、
プール滞在中一人のゲストも来ませんでした。

ラナイのデッキ・チェア
エステルームから出た所にあるラナイのデッキ・チェアです。
非常にエレガントな印象です。

夜のラッフルズ
夜のラッフルズ、正面ファサードの眺めです。
また一段と美しい眺めですね。

夜のラッフルズ
なにやらVIPが来るそうで、黒服のスタッフがスタンバイしています。
 

ライト・アップしたロビー廻り
とにかくライト・アップしたロビー廻りが美しいので、
昼間の写真と重複しますが、また同場面の写真を載せてお見せしますね。

2階からのエントランス、ロビー
2階からのエントランス、ロビーです。
 

3階から眺めたエントランス
こんどは3階から眺めたエントランスです。
ライティングが本当に効果的に決まっています。

3階から逆方向、階段廻りの眺め
同じく3階から逆方向、階段廻りの眺めです。
3階左手にアムリタ・スパがあります。

ラッフルズ・ホテル
お部屋前の屋外ラウンジから眺めた、本館のライト・アップされたエレガントな表情です。
 

朝日を浴びるパーム・コート
そのお部屋前ラウンジから撮った、朝日を浴びるパーム・コートです。
 

ラッフルズ・ショップ
本館のバック・ヤードには、こうしたラッフルズ・ショップを始め、
ルイヴィトンやティファニーなどのショップが並びます。

ページの上部に戻る

Search