世界のリーディングホテル

The Peninsula Bangkok

The Peninsula Bangkok

ザ・ペニンシュラ・バンコク

ザ・ペニンシュラ・バンコク
ペニンシュラ・バンコクの案内板です。
ホテルはチャオプラヤ川の向こう岸にあり、空港や市内からはやや不利な立地です。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
ペニンシュラ・バンコクは過去何回か泊まっているのですが、
今回はペニンシュラさん側のご招待を受けて、この様なメルセデスの送迎を頂きました。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
エントランスを入って左手奥に、レセプション・カウンターがあります。
写真手前の右側にはコンシェルジュ・デスクがあります。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
エントランスを入ってすぐ正面のカフェ、「ザ・ロビー」です。
玄関出入り口が狭いので、実質上のロビー・ラウンジでしょうか。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
お部屋階のエレベーター・ホールの感じです。
 

ザ・ペニンシュラ・バンコク
お部屋入口ドアを開けると小さなホワイエがあり、
象さんの置物がありました。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
その先に大型のデスクがあり、各種新聞やインフォメーションが置かれています。
今回は前述した様にご招待を受け、22階にあるグランド・デラックス・スイートの
お部屋を取って頂きました。ここは74平方の広さがあります。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
テーブルから俯瞰したリビングの様子です。
テーブルにはフレッシュ・ジュース、特製クッキー、チョコレート、フルーツ、そしてGMからの
ウェルカム・レターなどが用意されていました。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
正面ソファのシッティング・エリアで、香港のペニンシュラ・タワー階のお部屋の感じです。
右側にバスルームに通じる廊下があり、その廊下左手にベッドルームがあります。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
この先がベッドルームです。
右手にバスルーム、写真手前にワードローブがあります。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
かなりゆったりしたベッドルームです。
中央に全面ガラスのウィンドウがあり、チャオプラヤ川が眼下に見晴らせます。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
お馴染みペニンシュラ定番のバスルームで、バスタブを挟み左右に大型のシンクを配置。
バスタブの右側にビルトインのTVが収まっています。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
スパに続くエントランス通路です。
手前にはビューティー・サロンがあります。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
スパ内部のタオルのセッティング。
ロゴ・マークがとても綺麗です。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
スパ内部のジャグジーです。写真上が温水で、下部は冷水です。
この雰囲気は、香港のマンダリン・オリエンタルのスパに似ています。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
スイミング・プールです。
細長い敷地を有効にレイアウトした、優雅な感じのデザインです。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
スパの続きを案内します。
スイミング・プール脇にある左手木製の通路を進んで行くと、
右側にトリートメント施術用の各個室がある、エステ館に辿り着きます。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
ここが建物内部のエステ受付デスクです。
建物内部は、既にいい香りで満たされておりました。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
光の回廊を進んで行くと、トリートメント用の各個室があります。
 

ザ・ペニンシュラ・バンコク
中華レストラン、「メイジャン」のエントランスです。
ホテル一押しの広東料理レストランです。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
レストラン内部の様子です。
店内の左側は各個室になっており、右手は一般のテーブル席です。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
リバー・カフェとホテル・メイン棟との間にある芝生のお庭です。
1階部分が先程のメイジャン、2階がザ・ロビーです。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
朝食はここチャオプラヤ川に面した、「リバー・カフェ&テラス」で取ります。
 

ザ・ペニンシュラ・バンコク
オープン・テラスの他に室内カフェもあります。
写真は見事なビュフェの品揃えと、スタッフと話し合うシェフの姿です。

ザ・ペニンシュラ・バンコク
対岸のオリエンタル側には、頻繁に専用ボートで連絡しております。
それではペニンシュラを後に、オリエンタル・ホテルをご案内いたしましょう。

ページの上部に戻る

Search