世界のリーディングホテル

Nanjing

InterContinental Nanjing

インターコンチネンタル南京

インターコンチネンタル南京
インターコンチネンタル南京のグランドロビーです。
去年宿泊した年にグランドオープンした南京で最新のホテルで、
450メートルというとてつもない高さを誇る、南京最高層ビル上層階に入っております。

インターコンチネンタル南京
「州際倶楽部」という名のクラブ・インターコンチネンタルのエントランス銘板です。
隣にビジネスセンターも併設されています。

インターコンチネンタル南京
非常に広いクラブラウンジの内部で、
右手にレセプション・カウンターがあり、写真奥にビジネスセンターがあります。

インターコンチネンタル南京
ラウンジを進んで行くとこの様なラウンドタイプのビュー・ラウンジがあり、
カクテルタイムには、右手にあるカウンターにオードブルが並びます。

インターコンチネンタル南京
ビジネスセンターの中にある会議室です。

インターコンチネンタル南京
クラブフロア階にある、非常に斬新なデザインのエレベーター・ホールです。

インターコンチネンタル南京
68階のお部屋前です。
木目を多用した重厚な雰囲気の造りです。

インターコンチネンタル南京
ライティング・デスクから見たキングベッドです。
でも、ベッドのすぐ右横に洗面カウンターらしきものがありますね。

インターコンチネンタル南京
どうです、もう判りましたね。
実はガラスで囲まれたラウンドタイプのバスタブが、部屋の中心に置かれているのです。
バスタブの後ろ側にシャワーとトイレのブースが備えられています。

インターコンチネンタル南京
こんな感じです。
世界中色々なホテルを見て廻りましたが、この様な近未来的レイアウトは初めてです。

インターコンチネンタル南京
このお部屋はクラブ・デラックスのカテゴリで40平方以上あります。
冷蔵庫、グラス類、TV、ワードローブ等すべてがビルトインされていて、
また木目を多用した重厚な造りで、クールな印象を受けます。

インターコンチネンタル南京
スパ、ウェルネス・クラブの「TOUCH」のレセプション・カウンターです。
これからスパ内部をご案内します。

インターコンチネンタル南京
トリートメント個室が並ぶ回廊です。

インターコンチネンタル南京
トリートメント終了後、一息つく休憩室です。

インターコンチネンタル南京
スイミング・プールです。
やや小さめですが、右手には屋外プールもあります。

インターコンチネンタル南京
ゆったりとしたリラックス・コーナーです。

インターコンチネンタル南京
68階のお部屋から俯瞰した玄武湖と、後程ご紹介する紫金山です。
ちょうど市中心部の反対側の風景となります。

Sheraton Nanjing Kingsley

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
シェラトン南京キングスレーの正面俯瞰です。
1998年開業で、南京中心部にある44階建て350室のホテルです。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
グランドロビーですが、全体的に古さが感じられます。
同じスターウッドのウェスティン南京が間もなく開業するので、苦戦は必至かと思われます。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
シェラトンタワー階にあるタワーラウンジのエントランスです。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
タワーラウンジのレセプションと専任マネージャーです。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
タワーラウンジの内部の様子ですが、やはりだいぶ古さを意識させられます。
前述のインターコン開業前までは南京最高級を称していましたが、
これからウェスティン南京とスターウッド内で何らかの連携が必要かと思われます。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
タワー階のキングベッドのお部屋です。
前述したインターコンのお部屋があまりにも強い個性でしたので、やや平凡な印象です。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
しかし数年前にリノベーションが施されて居住空間は快適です。
窓も開口部が一面ガラスで採光も充分です。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
シンプルなバスルームです。
右手にバスタブがあり、左側に一応シャワーブースが備わっていますが狭いですね。

シェラトン南京キングスレーホテル&タワーズ
シェラトンのお部屋から見た南京中心部の俯瞰と、
インターコン南京の450メートルある超高層ビルです。

ページの上部に戻る

Search