世界のリーディングホテル

Paris, FranceⅠ

パリ – はじめに

 第20回特集はパリ、フランスⅠとして、リッツとブリストルを中心に6軒のホテルをご紹介します。また、フランスのホテル格付けの変遷と、新たに創設された最上位ランク“パラス”「PALACE」の詳細を併せて解説します。
 
 意外かも知れないが、フランスに5ツ星ホテルというものはつい最近の2009年まで存在しなかった。最高位は4ツ星デラックスというもので、09年7月のホテル格付け刷新の法改正で初めて5ツ星ホテルが誕生した訳だ。今回はこの5ツ星を超える新たなホテル格付けの最高位パラス「PALACE」が創設され、フランス観光担当大臣から11年5月5日に発表された。最高の栄誉認定を受けた初のホテルは全フランスで8軒、パリで僅か4軒であった。ムーリス、プラザ・アテネ、ブリストル、パークハイアット・パリ・ヴァンドームである。
 他方、これまでパリには“暗黙の了解”という形で7軒のパラスが存在していた。リッツ、クリヨン、ムーリス、ジョルジュサンク、プラザ・アテネ、ブリストル、フーケッツ・バリエールの7ホテルである。政府のパラス認定の影響は大きく、とくにパラスの筆頭を自負していたリッツは、12年夏より2年3か月という異例の休業を発表した。“前例のない改装”がその理由だ。パラスの認定からリッツが漏れたことに原因すると推測するが、アルファイド氏のホテルにかける情熱は充分理解できよう。

*Ritz Paris
 世界の主要ホテルを論じる際に絶対に外せない名前と問われれば、ロンドンのサヴォイと共に筆頭格に挙げられるホテルであろう。1889年にサヴォイの総支配人として迎えられ、ヨーロッパというより世界における近代ホテル経営の規範を示したのが、セザール・リッツである。“ホテル王”と呼ばれたセザールは総料理長に現代フランス料理の基礎を築いたオーギュスト・エスコフィエを迎え、自ら創業者兼総支配人としてパリ・ヴァンドーム広場にリッツ・パリを1898年6月1日に開業した。
 1979年にリッツ一族はホテルをエジプトの実業家、モハメド・アルファイド氏に売却する。97年にアルファイド氏の息子、ドティ氏と故ダイアナ元イギリス皇太子妃がリッツのインペリアル・スイートで食事を取った後にアルマ橋の地下自動車道で運命的な事故に遭遇したことは、いまだに記憶に新しい。著名な作家、芸術家、俳優、各国王族などを顧客として取り込んでいったが、ココ・シャネルは30年以上も自宅代わりとして住み着き、ここで没している。

*Le Bristol Paris
 高級ブランドが軒を並べる華やかなフォーブル‐サントノレ通りに立地し、政府の新たなホテル格付けの最高位“パラス”をパリで最初の認定を受けた名門ホテルである。大統領官邸エリゼ宮に隣接した1925年創業の老舗で、世界中のVIP層を顧客に持ちミシュラン3ツ星レストラン“エピキュール”「Epicure」を擁するホテルとして、まさにパラスの称号にふさわしい。ホテル正面玄関にはゴールドのプレート「PALACE」が誇らしげに輝いている。
 メインダイニングは今まで、“レストラン・デテ”「夏の間」と“レストラン・ディヴェール”「冬の間」の2つがあり、季節によって移動していたため暫定的な響きの「ル・ブリストル」もしくは「ガストロノミーレストラン」の名称であった。2011年秋に「夏の間」が改装されて中庭側の定位置に落ち着き、正式名称の“エピキュール”「Epicure」として新装オープンした。シェフは1999年より80名のレストランスタッフを率いる、エリック・フレション氏である。

*Park Hyatt Paris Vendome
 前述した政府のパラス認定で一番驚いたのはこのホテルであろう。2002年8月の開業で、パリでは外資系の新参者ホテルである。しかし先行開業していたハイアットリージェンシー、パリ・マドレーヌでの高い評価と実績もあり、パークハイアットの運営能力は開業前から期待されていた。オペラ座からヴァンドーム広場に向かう華やかなラ・ぺ 通りに位置する全158室の豪華な邸宅ホテルだ。パリの名だたる高級ホテルで最も注目が集まり、モダンとクラシズムの見事に融合したデザイン性が際立つホテルともいえる。
 デザイン設計はアマンリゾートを手掛ける著名な米国人建築家、エド・タトル氏が担当したと聞けば納得するであろう。正面エントランス脇にはパリ造幣局で特別に鋳造されたゴールドの「PALACE」のプレートが埋め込まれている。

*Mandarin Oriental Paris
 2011年6月28日にフォーブル‐サントノレ通りに開業したパリで最も新しい高級ホテルである。スイートを含めて全138室のマンダリングループの粋を集めたホテルで、9月27日に盛大な開業ガラ・パーティーを開催した。コンセプトはパークハイアットとほぼ同じ方向性を持ち、顧客層もかなり似通っていると思われる。
 筆者が訪問した11月はまだ開業したばかりという事で、ドアマン、ベルスタッフ,レセプションスタッフなどの連携は完璧であった。スタッフの多くは若くグローバル感覚溢れる優秀な人材を確保していて、きびきびした動作は実に気持ち良いものであった。

 そのほか今回は、美しいヴォージュ広場の奥に佇む大人の隠れ家ホテル、“Le Pavillon de la Reine”とパークハイアットのすぐ隣に位置する寛ぎの高級ホテル、“Hotel Westminster Paris”も一緒に収録してあるので併せて参照されたい。

*「世界のリーディングホテル」は現在「週刊ホテルレストラン」で隔週刊第2・4週号にて連載中。
http://www.hoteresweb.com/columntop

ページの上部に戻る

Search